むずむず脚症候群の原因と抗うつ薬の関係

むずむず脚症候群と抗うつ薬の関係と対処法

抗うつ薬を飲んでいる方でむずむず脚症候群になる方は少なくないそうです。実際に管理人の私もその一人でした。

なぜ、抗うつ薬とむずむず脚症候群が関係あるのかというと、トップページでも記載したむずむず脚症候群の原因はドーパミンの乱れということから、このドーパミンの分泌の抑制をしてしまう薬(抗うつ薬)が関係してくるわけです。三環系抗うつ薬やSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)といった薬のことですね。

 

これらの薬は、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」などの分泌・伝達に手を加えるもの(セロトニンやノルアソレナリンに手を加えて、うつ状態を良くする薬)なので、ドーパミンの伝達機能にも影響があるということです。ただし、詳しい原因はわかっていません。

 

このことから管理人もその一人ではないか!と疑いました。

リフレックス錠とむずむず脚症候群の関係

ここからは管理人の私が試したあくまでも経験によるものになります。人それぞれ違うと思うので必ずそうだとは限らないことを頭に入れて、読んでください。

 

管理人の私はパニック障害を患っており、パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト・サインバルタ・リフレックス・ドグマチール・デパス・ソラナックス・メイラックス・ワイパックス・リーゼと言った、様々な抗うつ薬・安定剤を飲んできました。
そしてむずむず脚症候群が際立って出たのが「リフレックス」を飲み始めた時でした。
リフレックス錠を飲んだきっかけは、パニック障害がきっかけで、緊張による吐き気がき気が慢性化したことから、吐き気を抑える効果もあるリフレックス錠を、主治医から勧められ飲みました。
最初は副作用として眠気が強いとのことだったので、眠くなるのかと思いきや、足がむずむずして、眠いけど眠れない日々が続きました。
これも、吐き気を抑えるため!と思って続けましたが、リフレックス錠を増薬したらさらにむずむずがひどくなったので、一度主治医に断らずに止めてみました!
すると、むずむずが全くなくなったではありませんか!
リフレックス錠を3日飲まなかったのですが、むずむず脚症候群は発症しませんでした。

 

そして次の日リフレックス錠を飲んでみましたが発症しました。(すごくたまたまかもしれません。)
また次の日止めてみたら発症しませんでした。これ、たまたまかもしれませんが、かなりの確率で影響していると思われたので、主治医に相談しました。

 

:「リフレックス錠を増薬したら、むずむずがひどくなり眠れなくなりました。飲まなかったらむずむずが出ませんでした。」
先生:「そうですか。減らしてみるというのも一つの手ですね。吐き気がおさまるという意味では相性がいいと思われるので、調整して飲んでいきましょう!」

 

 

 

結局むずむず脚症候群の原因がリフレックス錠とは明言してくれませんでしたが、影響はありそうです。
飲まなければ症状は発症しない。ですが、リフレックス錠を処方されている理由は吐き気を抑えるためなので、飲まなかったら吐き気はおさまりません。結局むずむず脚症候群と吐き気のバランスを調整しながら薬を飲む・飲まないをやっていくことしかなさそうと思っていました。

 

ドーパミンを調整すればパニック障害もなくなる?

パニック障害 ≒ リフレックス錠 ≒ むずむず脚症候群 ≒ ドーパミン

私が思うに、上記の式が成り立つとすると、ドーパミンの乱れをなくせばパニック障害もなくなるのではないか!?ということです。
まずはやってみようということで、ドーパミンを増やす鉄分を多くとることにしました!すると、少しずつですが心が安定している感じがします。
※これは個人的な感想なのでみんながみんな改善されるとは限りません。

 

鉄分を増やすためには、ただ鉄分を多く含む食べ物・飲み物を摂ればいいというわけではありません。
オススメはむずむず脚症候群の対処法はドーパミンを増やすムクナ豆で防ぐを参考にしてください。

 

原因と対処法を確認する⇒むずむず脚症候群