むずむず脚症候群の対処法と原因

むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群」で検索してこのページにたどり着いた人は、おそらく症状が出て、原因や対処法を知りたく、悩んでいる方でしょう。

 

むずむず脚症候群を放置しておくと、睡眠不足やストレスからうつ病を併発する危険があり、うつ病になれば最悪死に至ることもある怖い病気なのです。
早急に治すにはドーパミンと鉄分の補給がポイントです!

 

原因となるドーパミンや鉄分を増やすには食事療法がおススメです。

むずむず脚症候群を解消するオススメ食品はこれだ!

鉄分補給サプリ【美めぐり習慣】
トリプトファン(セロトニンを作るアミノ酸)が豊富!

つまり睡眠ホルモンであるメラトニンを作ってしまう優れもののサプリ!
粒が小さく、無味無臭で飲みやすい!

 

なんといっても価格がお手頃!初回特別価格≪66%オフ≫!さらに返金保証付き!

 

ヘム鉄100%配合!一日に必要な鉄分を摂取して防ぐ!

鉄不足解消=ドーパミン不足解消=むずむず脚症候群解消!!

 

価格 容量 評価
1,480円(税込・送料無料) 150粒入り 1ヶ月分

 

美めぐり習慣の公式ページ

 

 

ムクナ豆
ドーパミン効果でぐっすり眠る!

朝スッキリ起きれるサプリ!
無添加100%の健康自然食品!

 

健康雑誌「夢21」の2015年9月号に紹介された実績のある食品!

 

ドーパミンを増やすムクナ豆で防ぐ!

価格 容量 評価
2,477円(税抜き) お試し用50g

 

ムクナ豆の公式ページ

 

 

鉄を得るサプリメント【Fe.eL(フィール)】
鉄不足解消=ドーパミン不足解消=むずむず脚症候群解消!!

一日たった2粒で鉄分不足解消へ!
葉酸配合で女性に人気!

 

ムズムズなどの不快感だけでなく、からだのめぐりをスムーズにサポートし、負担を軽減!

 

鉄分には「肉・魚に含まれるヘム鉄」と「野菜・海藻に含まれる非ヘム鉄」の2種類があり、ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて5倍の吸収率!

 

鉄は吸収されにくい栄養素なので、せっかく飲むなら、ヘム鉄100%のサプリ(フィール)がおススメ!

 

管理人の体験談・写真はこちら

価格 容量 評価
1,800円(税抜き) 465mg×60粒(1日2粒)

 

Fe.eL(フィール)の公式ページ

 

むずむず脚症候群について教えて!

本ページの管理者も本症状を持つ一人です。現在35歳を迎えますが、とても悩みました!本当にムズムズして眠れないんです!!眠れないだけではなく、居ても立っても居られないといった不快感は本人しかわかりません。

 

どうにか自分でできる対処法はないのか!?そもそも根本的な原因は何なのか?!眠れない中ネットで検索をたくさんしたあげく、「あー!!!」と足を何度叩いたことか!笑

※そんな私の症状は後ほど「むずむず脚症候群の症状」で紹介します!

 

さて本題に戻ります。一般的に以下の症状がある方が、本病気の可能性が高いと言えます!あなたは何個当てはまりますか?

  • 脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があらわれて眠れない
  • 夕方から夜にかけくつろいでいる時(安静にしているとき)むずむずする
  • しばらく座っていると、脚を動かしたくなる!
  • 長い時間じっとしていなければならない時に脚がムズムズしてきて、脚を動かさずにはいられない!

一つでも当てはまった方は本病気の可能性が高いです!
原因と対処法を知りしっかり治していきましょう!

 

なぜこのような症状がでるのか、原因を理解し、正しく治療や対処法をとっていく必要があります。
しかし、今本ページを見ている方は、「とにかく今眠れないこの状況をどうにかして!!早く対処法を教えて!!」という方もいらっしゃると思います。

 

目的別に情報(対処法)をまとめましたので参考にしてみてください。

 

原因を知る!

とにかく今どうにかしたい!

長期的にじっくり治す!

原因

むずむず脚症候群の原因

ツボ

むずむず脚症候群に効くツボを押す

ドーパミンを増やす

ドーパミンを増やす

 

むずむず脚症候群の原因

原因が特定されていない突発性(一次性)と、他の病気や薬が原因で起こる二次性があります。
一次性はまだはっきりと検証されたわけではありませんが、一般的に、

  1. 遺伝的なもの
  2. 鉄分不足/体内での鉄代謝に異常がある
  3. ドーパミン神経系の障害など

という説があります。

 

 

二次性の場合、鉄欠乏性貧血慢性腎不全パーキンソン病などの病気や、抗うつ薬などの薬によって症状を引き起こすことがあります。
※管理人の私は後で気付きましたが、おそらく二次性でした(「抗うつ薬とむずむず脚症候群の関係と対処法」参照)

 

 

その中でも一次性で挙げた鉄分不足ドーパミンの障害は深くかかわっているという説が昨今取りあげられています。
ドーパミンは脳の『神経伝達物質』であり、この神経伝達物質に障害があると間違った情報が脳へと伝わり、その不一致が違和感となって現れるのではないかと考えられています。

 

 

そしてそのドーパミン鉄分の不足により、分泌量が減る事が知られています。実際鉄分不足になりやすい女性の方が男性より発病率が高いと証明されているようです。

 

 

原因がわかったと思うので、対処法は自ずとわかってきますね!そうです。ドーパミンの障害を治す = 鉄分を摂る! という対処法になります。ただ、「今、この眠い状態なのに、症状が出ているので、どうにかすぐ治る対処法を教えて!」という方は次の内容が参考になると思います。(管理人の私も、長期的な対処法より、今すぐ治る方法を知りたい!って思いましたからね。)

 

 

むずむず脚症候群に効くツボを押す

短期的な対処法としては、「ツボを押す」ことです。本症状だけではなく、睡眠障害にはツボが効く場合もあります。この対処法はすべての人に効果がみられるわけではないので、その点は理解して行ってください。
自分でもツボ刺激はできますが、ツボの位置が間違っていると体調を崩すこともあります。ツボを押していて具合が悪くなったりしたらすぐにやめましょう。

 

症状に効くツボ

症状に効くツボは手と足にあります。

 

  • 合谷・・・手の親指と人差し指の間にあるツボ
  • 曲池・・・肘の内側を曲げた時にできるシワの少し内側
  • 足三里・・ひざから指4本分下で、骨の外側のくぼみ
  • 三陰交・・内くるぶしの頂点から親指を除く指3〜4本上の高さのところ。

 

ツボの押し方

ツボの押し方の基本は、ゆっくりと深く押すことです。
親指を重ね合わせるようにして押します。
1回3秒から5秒程度の時間をかけてゆっくりと押す、ゆっくりと離すようにしてください。
呼吸を止めたりせず、リラックスした状態でツボ押しを行うことが大切です。

 

わかりづらい方は以下の動画も参考にしてみてください。

 

ドーパミンを増やす

冒頭でも説明しましたが、原因の一つとして、ドーパミン不足・乱れという説があり,
乱れを防ぐ役割をするのが昨今話題になっている以下の二つが効果的です。

 

ムクナ豆でドーパミンを増やす

ムクナ豆には天然成分のLドーパがもとになってドーパミンが増えることから、ムクナ豆を摂取することで原因解消に良いということのようです。

 

ドーパミンを増やすムクナ豆は公式サイトで確認ください!

 

オメガ3脂肪酸を多く含んだ「エゴマ油」/「亜麻仁油]でドーパミンの乱れを防ぐ

最近TVで取り上げられている二つの油ですが、実はむずむず脚症候群やうつ病にも効果があるのです。
詳細はこちら⇒「エゴマ油」「亜麻仁油」で防ぐ!

そのほかの対処法

根本的に治すには、原因がドーパミンの乱れであれば、「ドーパミンの乱れを防ぐ=鉄分を摂る」になりますし、原因が「抗うつ剤の影響」であるならば担当医に相談することをお勧めします。

 

 

  1. カフェインの摂取をひかえる
  2. 寝るまえのお酒はやめる
  3. 足の動きをともなう運動をする

 

簡単にできる対処法として上記3つを紹介しました。
これは一般的な睡眠障害を防ぐ対処法でもあり多少有効になります。

 

カフェインの摂取をひかえる

カフェインの摂取を控えるという対処法は、皆さんも聞いたことがあると思います。コーヒーを夜飲むと眠れないとか。
ですが、カフェインはコーヒーだけに含まれているわけではありません。お茶にも含まれています。
妊婦の方はご存知だと思います。胎児に影響があるといわれているカフェインですので、カフェインゼロのお茶を飲んでいることでしょう。

 

従って通常のお茶ではなくカフェインゼロのお茶を飲むようにしましょう!

 

寝る前のお酒はやめる

眠れないからと言ってアルコールを飲んで寝てやるぞ!という方がいますが、これはやってはいけません。(根本的な原因解消にはなりません)
確かにアルコールを飲むことで寝やすくなるでしょう。アルコールを飲んだ方ならわかると思います。
ではなぜアルコールを飲んではいけないのでしょうか?それはアルコールが分解されたときに発生する「アセトアルデヒド」の影響で夜中に覚めてしまうからです。
もし、夜中に目が覚めてしまったら・・・またムズムズの症状が出て寝れなくなってしまう恐れがあります。
従って寝る前のお酒はやめるという対処法がおススメです。(どうしてもお酒が飲みたい方は眠りにつく3時間前までに飲み終わっておくようにしましょう!)

 

足の動きをともなう運動をする

これは私も試している対処法です。安静にしていると症状が出やすいので、運動を行うことで安静状態を拒絶します。
しかし、夜中に足を動かした運動なんてなかなかできないかもしれません。
私の場合はつま先スクワット(つま先立ち、止め、つま先立ち、止めの繰り返し)の対処法をとっています。意外と効くので試してみてください。

 

 

これらはあくまでも短期的な対処法です。一時的でしかありません。根本的に治して安眠を手に入れましょう!

 

補足

むずむず脚症候群は別名「レストレスレッグス症候群(restless legs syndrome:RLS)」 「下肢静止不能症候群」とも呼ばれています。「レストレス(restless)」とは「そわそわした」、「絶え間なく動く」という意味があります。
日本での調査では、レストレスレッグス症候群の患者さんは人口の2%〜4%で、これは200万〜400万人にあたります。このうち治療が必要なのは70万人ほどと考えられています。私も2%〜4%に含まれる一人です。

 

《男女の比率》
レストレスレッグス症候群は、女性が男性の1.5倍といわれています。(女性が多い理由は女性がなりやすい?のページを参照してください。)

 

《年齢の比率》
年齢が上がるとRLSにかかる率が高くなる、
という欧米での調査結果があります。
年齢が上がるとパーキンソン病と併発する恐れもあるので気を付けましょう!

更新履歴